牡蠣の知識・ノロウイルスセミナー2018

当団体では、参加していただく会社や店舗、団体様に「牡蠣の知識・ノロウイルスセミナー」を開催し、牡蠣の取り扱いやノロウイルス対策などをしっかりと学んでいただき、イベントはもちろんのこと通常の営業などでも役立てていただく為の取り組みを行っております。


参加を募ると、皆様は「是非セミナーを受講したい」という方がとても多く感激しました。

お店に来店されるお客様の事を考え、お店の安全対策などに役立てたいとのことでした。

 

2018年は全5回のセミナーを開催し、合計  店舗  名の人に受講いただきました。

 

2018年

2月14日(水)14:00~16:30

2月19日(月)14:00~16:30

3月07日(水)14:00~16:30

3月14日(水)14:00~16:30

3月22日(木)14:00~16:30 開催予定


講師の紹介


株式会社 海遊

代表取締役社長 伊藤 浩光

 

震災以降、牡蠣漁師の会社を立ち上げた漁師。ブランド牡蠣を日本全国に発送。水産業の6次産業化を推進し、自らの会社で牡蠣の販売・配送はもちろん、オイスターバーの運営やかきの商品化なども手掛ける。

 

 

 

講義:「牡蠣の知識」


株式会社 飛梅

取締役 業務本部長 松野 水緒

 

震災後、牡蠣の消費拡大のための「市街地型かき小屋」業態を考案し、安全安心な牡蠣を都市部で提供できる取り組みを実践。正しい知識を取得するための従業員育成にも注力している。

 

講義:「飲食向けノロウイルス対策の実践例」


株式会社 日本微生物研究所

専務取締役検査部長 佐藤 寿夫

 

総合病院で細菌検査に約10年携わり、その後日本微生物研究所に移ってからは、発症者の検査だけでなく検便検査を通じ健康保菌者の微生物検査、食品微生物検査、温泉・プールなどの水質微生物検査を携わってきました。最近は牡蠣とノロウイルス食中毒の間違った常識について積極的に講演活動をしております。

 

講義:「ノロウイルス基礎知識」


かき小屋渡波

オーナー 寺岡 征己

 

石巻市渡波の万石浦沿いという立地を活かして、毎朝水揚げする牡蠣を提供する事と炭火で焼きあげる事にこだわったかき小屋を運営する。一年を通して活牡蠣を提供します。

 

 

講義:「ノロウイルス正しい知識を持って怖がろう」



このステッカーが受講店の目印!

このステッカーを張っている店舗はこのセミナーを受講しています。

 

 

※店内にステッカーを張っている店舗もございます。

※受講店は下記より見つけて下さい!

※このステッカーがあるお店でも、海や牡蠣の状況によっては牡蠣メニューがお出しできない場合もございます。